家族、写真、身の回りのこと、日々感じたことをぼちぼち綴っていきます。


by takapilon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

輪。

今日は、中央公園で僕たちに出来ることを。

c0213764_1223115.jpg
フリーマーケットへ出店していただいた方。

c0213764_123350.jpg
出店された商品を購入することで参加していただいた方。

c0213764_1234085.jpg
まち歩きへの参加というかたちで参加いただいた方。

c0213764_1242011.jpg

c0213764_12503.jpg

c0213764_1252441.jpg

c0213764_1255762.jpg

c0213764_1262047.jpg
関わり方はいろいろですが、皆さんの暖かい想いが伝わってくる1日でした。

本当にありがとうございました。
[PR]
# by takapilon | 2011-04-02 23:27 | 日々のつぶやき

気がつけば卒園式

この1ヶ月、年度替わりだったりいろいろ慌ただしくて、娘たちの成長記が滞ってたんで、ここいらでまとめて更新しとこっと。
今日は4月21日だけど投稿日時を変更すれば多分、ブログ上は大丈夫でしょ。

3月19日は長女の幼稚園の卒園式でした。
c0213764_22243533.jpg
ついこの前、オムツも外れないまま入園式を迎えたと思っていたら、立派に成長してくれて。

運動会に駅伝大会、お遊戯会に合奏発表会、とにかく頑張ったね。
c0213764_22281533.jpg
園長から卒園証書をいただき、
c0213764_22301867.jpg
先生からは一人一人に声をかけてもらいました。
c0213764_22314540.jpg
いい友達にも恵まれたしね。まだまだ弱いところがたくさんあるけど、お父さんと一緒に成長しよう。

まずは卒園おめでとう。
[PR]
# by takapilon | 2011-03-19 22:11 | 三姉妹成長記
市内のいろんな団体や個人の方が、それぞれにずっと考えていた「自分たちに今できること」。
それをどう具体化すればいいのかよくわからないもどかしさ。
そんな皆さんが同じところで意見を交換し、知恵を出し合ってやれることをやろう。

ある方の提案がきっかけで、翌日にはこの会が開催されることになりました。
それが今日、というかもう昨日ですね。
皆さん、あらゆることへの自粛ムードに少々困惑している感が。

前も書いたけど過剰な自粛ムードは、その地域の経済を含めた元気を奪いかねない。
そうなると被災地への支援なんて力は残らなくなる危険も・・・

そんなことから、被災者の皆さんへの配慮をしつつ、チャリティーを兼ねたイベントへと繋げていこうという意見が多数出ました。

この武雄の地から東北、全国へ。 思いはひとつ。まずは4月2日から。
c0213764_1281483.jpg

被災地にも春は必ず来ます。
[PR]
# by takapilon | 2011-03-18 01:28 | 日々のつぶやき

支援の輪

震災支援の輪が確実に大きくなっているのを実感。

武雄市内の旅館「湯元荘 東洋館」では立ち寄り湯を実施。
その入浴料を募金に充てられるそうです。

娘の幼稚園でも先生と園児たちが「何か出来ることがあるかな」と考えたそうです。
園児たちも「何か出来ることしたい」そう言い出したみたい。
テレビに延々と映し出される被災地の状況を見て、小さいながら何かを感じ取ってるんでしょうね。

小さい子を持つ親としては、紙オムツを準備したいと思います。
それと、おしりふきも必需品かな。
あとラジオで聞いた感じでは、サランラップも使い勝手がいいみたいです。
水が不足している被災地では皿はあっても使った後、洗えないから。
ただ、必要な物資にのってないものは駄目かな・・・
一過性の支援とならないよう努めたいものです。

被災地の病院では、震災後にも新しい命が生まれてきているそうです。
「この地震で亡くなられた方々の分まで、強く生きてもらわないと。」
自分に言い聞かせるように話されているお母さんの言葉に、被災地に希望の光を見たような気が。
頑張ってください。そんな言葉しか出てきません。
[PR]
# by takapilon | 2011-03-16 00:08 | 日々のつぶやき

普通であること

3月11日に東日本を襲った巨大地震。
観測史上世界最大級といわれる地震は、東北地方をはじめ甚大な被害を。

亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈りし、行方不明や救助を待つ方々が一刻も早く救われることをお祈りするほかありません。

東京出張時に地震に遭遇したときは、事態の深刻さに目を向けていなかったような気がします。
翌日のTVの報道を見るごとに、現実の恐ろしさにぞっとしました。

自分に何が出来るのかそんな自問自答が続きます。募金しか思いつかない自分がふがいないけど・・・
それでもやれることからこつこつと。

武雄市でもイベントの中止など、自粛の動きが出てきています。
もちろん一定の配慮は必要だと思います。ましてや被災直後は特に。

ただ、過剰な自粛ムードで日々の生活までが、色をなくすそんなことだけはないように心がけたいものです。

復興までの道のりは果てしなく遠いのかもしれません。
それでも一歩ずつ確実に復興に近づくと信じています。
[PR]
# by takapilon | 2011-03-15 01:27 | 日々のつぶやき